BLOG
よく乾きそうです

オリンピックのソフトボール予選勝ちましたね〰️!おうちで応援して、オリンピックを楽しみたいと思います☆
ところで、毎朝通勤している道沿いの川でこんな光景を見かけました!どうやらこの川にはカメがたくさんいるようで。

別の日には5匹一緒に甲羅干ししていましたよ。

カメが甲羅干しをするのは、ビタミンを合成したり、体の温度を上げて代謝を良くする、体の雑菌を消毒するためだそうです。

でもこんないいお天気だと、カピカピに乾きそうですね(笑)

 

2021年07月21日
お弁当第三弾🤤💕

こんにちは、受付たぞうです☺️💕

本日、かかりつけの患者様から手作りのお料理を頂きました😊

大きなお皿にたくさんのちらし寿司と私のリクエストで唐揚げでした🤤💕

暑い中、旦那様とお二人でお料理を届けてくださり、ありがとうございました💕

 

2021年07月15日
開院して9か月😃

こんにちは😃看護師いけだです。

早いもので、開院から9か月が経ちました🎋🌟

開院時に、沢山の胡蝶蘭を頂いたので、皆さんにお裾分け❤️をしていました。そしたら、「2回目の花が💐咲きました」と写真付きでメ〜ルが届きました。大切に育てて頂き、本当に嬉しい報告でした💖

花のように、クリニックも日々、進化しております😃👍

2021年07月08日
見逃しがなく楽な胃カメラ

毎日ジトジトした天気で、早く梅雨明けしないかなと、この時期は毎年思いますよね。

 

さて、少し胃カメラの話をします。胃カメラは、口や鼻からカメラを入れて、食道、胃、十二指腸に病変がないかどうかを検査するものです。当院では鼻から楽にできる胃カメラ、口から眠っている間にできる胃カメラ、口から起きている間に細いカメラでの検査をするなどして、患者さんに負担をかけずに楽な検査ができるよう心がけています。

 

胃カメラは「オエッとなってつらそう」などと考える方が少なくありません。ところが、当院で胃カメラを受けた患者さんで苦しかったと仰った方は開院以来一人もいらっしゃいません。大腸カメラのブログでも申し上げましたが、楽な検査は患者さんにとってはとても気になるところで、そうでなければ定期的な検査を控えてしまいます。定期的な検査によって、病変の早期発見につながるので、是非、楽な検査を受けていただき癌などの悪性疾患が進行する前に発見できるよう、努めていただきたいと思います。

 

胃カメラは大腸カメラに比べると、挿入技術はそれほど難しいものではありません。しかしながら、病変の早期発見には、知識と経験に基づいた「診断する眼」が重要です。

 

当院ではこれまでに超早期の食道癌、胃癌などを発見することができています。いずれも粘膜の浅い部分にとどまっている癌で、注意して観察しないと見落としてしまうこともあります。当院では最新型のレーザーを使ったカメラで検査を行います。特殊な光を当てて観察することで、微妙な粘膜面の変化などををがより鮮明に視認することができます。さらに、適宜、色素などを散布しながら観察することで診断をより正確にし、見落としが少ない検査を心がけています。

 

楽で確実な胃カメラを行っています。お腹の調子が悪い方、40歳を過ぎて一度も胃の検査をしたことがない方、「病気は心配だけど検査が不安」などお悩みの方々はご相談いただきたいと思います。

 

2021年07月06日
今の旬🌺

こんにちは😃

看護師たがわです🐷

だんだん過ごしにくい季節になりましたね。

6月も今日で終わりです!

おうち時間を使って人生初の梅を漬けました🐣

今年の梅は一個一個が大きくて美味しそうです!(^。^)

疲労回復や食欲増進などに効果があるみたいですね🙊

まだ食べれませんが秋頃が楽しみです🥳

 

2021年06月30日
やっとの想い💖

こんにちは😃看護師いけだです。

当院近くの鋪道横に、涼しげな色の花が咲いています。

これは、ユリ科の植物でアガパンサス(紫君子蘭)という名前です。初夏の花と言われ、よく見ると、花びらは花火🎆のように放射状であり、夏の訪れを感じさせてくれています😃

2年前に、地域の方がボランティアで植えられ今年やっと💪花が咲いたそうです💖

夏は、すぐそこまで来ていますね📣

2021年06月28日
巻き爪(陥入爪)の手術

巻き爪は扁平足、外反母趾や靴の形と足の形が合わないなどの原因で、指に横や斜めからの力が加わり続けることで爪が巻いてしまう状態です。痛みを伴い、悪くなると周囲の皮膚が赤く腫れ上がったりします。

 

当院には巻き爪の患者さんで、他の病院に行ったが改善しなかったなどの相談が多くあります。爪の先端のみを深く切り込むのは、その場限りの処置となり、有効ではありません。

 

巻き爪の治療としては、爪の矯正、靴の形を変えたり靴底に適切なソールを入れて爪に負荷がかからなくするなどといった保存的な治療から、巻いた爪の部分だけ切除して、爪が生えてこないようにする外科的な手術まで様々です。

 

当院では巻き爪のタイプによって、外科的手術が可能です。これまで手術した患者さんからは「痛みがなくなった。」と喜んで頂いております。

 

巻き爪はあるけど誰に相談したらよいか分からない。そんな悩みをお持ちの方は是非ご相談ください。

2021年06月23日
夏野菜

このフサフサした笹のような植物、何のお野菜かわかりますか~!?

肉巻きやフライにしてもおいしいあのお野菜を採らずにほっておくとこうなるそうです(×-×)

これから夏野菜のおいしい季節ですね。

バーベキューやカレーなどおいしく食べたいです☆暑いので冷やし煮浸しなどもいいですね~。

このお野菜の名前は…

 

 

 

 

アスパラガスです!

2021年06月21日
痛み、違和感がなく楽な大腸カメラ

大腸カメラは胃カメラと比べると、内視鏡(カメラ)を挿入するための高い技術が必要です。勿論、最も大切なことは、癌の予備群のような病変を見逃さないこと、正確な診断ができること、病変を認めた場合に適切な治療ができることが重要なことは言うまでもありません。

 

しかしながら、患者さんにとってはどんなに適切な検査がなされても、検査自体に苦痛を伴ってしまうと、次からの検査が嫌になってしまいます。楽な検査をすることで、次の検査や治療に不安が無くなります。

 

大腸カメラにおいては、体格、性別、腸の長さ、癒着の程度(お腹の手術をしたことがある方)などによって難易度が異なります。当院では20歳から80歳台までのあらゆる体型の患者さん方をこれまで検査、治療してまいりましたが、痛みや違和感をほとんど感じることがなく、安全で楽な大腸カメラを施行することができています。

 

大腸に空気を入れず、伸ばすことなく折りたたむように(大腸の軸を意識した挿入法)挿入していく、無送気軸保持短縮法でカメラを進めて行くため、痛みや違和感がほとんどありません。それでも、お腹の手術をしたことがある方や腸がとても長い方などは違和感が出る可能性があります。このような場合、当院では大腸カメラから水を注入しながら、カメラを大腸の奥へと進めていく「水浸法」という技術で苦痛なくカメラを挿入するようにしています。

 

このように、当院では大腸カメラの技術の向上を徹底的に追求することにより、痛みが少ない、違和感が少ない、楽な大腸カメラの検査を実現しています。「今まで痛くて仕方がなかった」、「苦痛で途中で検査が中止になってしまった」、などと言われていた患者さん方でも「とても楽でした!」と仰っていただいております。

 

これからも、最高の技術を突き詰めて、より安全で正確な大腸カメラを行って参ります。検査は怖い、痛い、でも大腸の病気は心配、という方は是非ご相談ください!

2021年06月19日
お弁当第二弾😊💕

こんにちは受付たぞうです😊💕

以前、お弁当を作って差し入れをしてくださったかかりつけの患者様から今日、お弁当を頂きました😍

唐揚げ・肉巻き・おにぎり・たけのこ・卵焼き🥚どれも私の大好物ばかりでした🤤💕

患者様の優しさがたくさん詰まったお弁当凄く嬉しかったです💕ご馳走様でした☺️

2021年06月17日