胃カメラ
苦痛が少ない胃カメラを行っています
当院では、胃カメラの挿入時に伴う違和感や咽頭反射を殆ど感じずに検査を行うことが可能です。沈静剤を用いて口や鼻から内視鏡を挿入する事で患者さんの苦痛はほぼ無くなります。 安全かつ適切な沈静。患者さまに合わせてカスタマイズ
胃カメラの検査はのどや鼻に麻酔をかける事で、違和感や痛みを抑える準備をしてから、鼻あるいは口からカメラを挿入して主に食道、胃、十二指腸の観察をする検査です。粘膜の病変を最新の機器を使って観察するため、食道や胃のポリープやがん、潰瘍や炎症などを早期に発見診断する事ができます。特にがんは早期発見する事で、外科手術ではなく、内視鏡で治療が可能となります。

当院の胃カメラの特徴

こんなご要望にお応えしています
当院の胃カメラは「鼻から」「口から」どちらにも対応しており、自分に合った方法をお選びいただけます。どちらも苦痛の少ない検査が可能です。検査後に、すぐに帰宅したいなどのご要望のある方には「鼻から、眠くなるお薬なし」のほうが検査後の行動制限が無いことからおすすめです。鼻からの検査が困難な方には「口から、眠くなるお薬あり」での方法も可能です。さらに当院では、豊富な症例数、経験を有する医師が検査を行いますので、安心して検査を受けていただけます。
  • 楽に受けたい
  • 車で帰宅したい
  • 苦痛を少なくしてほしい
  • 正確な検査をしたい
胃カメラ
当院では挿入時に違和感が少ない経鼻内視鏡を完備しています。口から入れるカメラの約半分の太さしかないので、非常に楽に検査を受ける事ができます。鼻からの内視鏡検査は、
1.違和感が少ない
2.検査中でも会話が可能なのでリラックスしてできる
3.眠くなるお薬を使う必要が無いので、検査が終了したらすぐに帰れる
などのメリットがあります。以前は鼻からのカメラは画像の明るさや解像度、視野の広さなどの点において口からのカメラに劣っていました。しかしながら当院で採用されている最新機器ではレーザーを用いるため視野がとても明るくなり、口からのカメラと遜色ないほどの観察ができるようになりました。また、Blue Laser Imaging (BLI)Linked Color Imaging (LCI)と言われる最新の機能を搭載しておりますので、粘膜表面の状態や小さな血管のパターンの変化などをより強調できるため、早期の病変、微細な病変などの見逃しがない検査が可能となります。
鼻の穴が狭い人は鼻からの検査ができない場合があります。その場合はやはり口からの検査が必要となります。口からの胃カメラでつらい思いをする理由は、カメラを挿入するときに舌の付け根に触れる事で「おえっ」となってしまう、いわゆる咽頭反射が起きる時、カメラ自体の違和感、検査中の胃の膨張感などがあげられます。当院では、カメラの挿入技術はもちろんですが、加えて、咽頭反射がおきにくいような形状の口に加える装具(マウスピース)の使用、静脈から眠るお薬を使用する事などで、口からの検査でも苦痛が無い検査が可能です。
胃カメラ
経鼻内視鏡と経鼻口内視鏡

胃カメラ検査で分かる疾患

喉頭がん、咽頭がん、食道がん、逆流性食道炎、アカラシア、胃がん、胃ポリープ、胃潰瘍、急性及び慢性胃炎、萎縮性胃炎(ヘリコバクター・ピロリ感染)など
胃がんは早期発見できれば完治します
近年、胃がんの死亡率は減少傾向にありますが、中高年以降になると罹患率は急激に上がる傾向が依然続いています。胃がんは、早期では自覚症状がほとんどありませんが、早期発見・早期治療が非常に有効ながんのひとつであると言えます。症状の有無に関わらず、定期的に内視鏡検査をを受ける事をおすすめいたします。
胃がん罹患数グラフ
ピロリ菌は正式名称をヘリコバクター・ピロリといい、1980年代に発見された、らせん状の形をした細菌です。胃の中は胃酸(塩酸)が分泌されているため強い酸性の状態ですが、ピロリ菌はこのような環境でも胃の粘膜に生息する事ができます。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、胃MALTリンパ腫の発生の原因になる事が明らかにされてきました。WHOも胃がん患者のピロリ菌感染率が高い事から、胃がんの予防のために、ピロリ菌の除菌治療を推奨しています。

検査の流れ

検査前日

夕食は夜9時までに消化に悪いものは避けて、いつもより軽めの食事としてください。
水分(水やお茶)は自由にとってください。いつも服用する薬も飲んでいただいて結構です。

検査当日

朝食は取らずにご来院ください。
お水やお茶はのどが渇いたら適量であれば飲んでいただいて構いません。
普段飲まれている薬がある場合は、ご相談ください。
検査予定時刻の15分前にはご来院ください。

問診

検査中に問題が起きないよう、事前に問診を行います。以下のようなことをお聞きします。
・薬などのアレルギーはあるか?
・血液をサラサラにする薬を飲んでいるか?
・高血圧、甲状腺、 心臓病などの既往歴がないかどうか?
鼻からの内視鏡の場合に、追加で確認する内容
・耳鼻咽喉科で鼻に問題があると言われたことがないか?
・鼻の穴が狭い、通りが悪いなどないか?

前処置

検査開始10分前から、鼻や口の麻酔を行います。心配せずにリラックスしてご準備ください。
鼻からの内視鏡の場合
1.両方の鼻の穴に、粘膜の血管を収縮させる薬を点鼻し、鼻腔を広げます。
2.水薬を約100ml飲んで、胃を洗浄します。当院では飲みやすい薬を使用しています。
3.鼻の穴にゼリー状の麻酔薬を注入し、鼻に麻酔を行います。場合によっては、のどにスプレー状の麻酔薬を散布し、麻酔を追加します。
4.前処置用のチューブにもゼリー状の麻酔薬を薄く塗り、鼻の穴にゆっくり挿入ししばらく置いた後、痛みがない事を確認します。実際の内視鏡と同じくらいの太さのチューブなので、挿入感がイメージしやすく、内視鏡の通過がスムーズになります。
眠った状態での内視鏡(口からの内視鏡)の場合
1.水薬を約100ml飲んで、胃を洗浄します。当院では飲みやすい薬を使用しています。
2.氷状の麻酔薬を舐めてもらいます。はちみつ味かコーヒー味かお選びいただけます。
3.のどにスプレー状の麻酔薬を散布し、のどの麻酔は終了いたします。
4.眠くなる薬を点滴で投与し、眠っていただきます。

検査

鼻または口から内視鏡を挿入して、食道・胃・十二指腸の順に観察していきます。色素を散布したり特殊な光を当てる事で、さらに詳細な病変の観察を行います。必要に応じて、病変を採取して病理検査を行います。鼻からの検査は話しながら、ご希望があれば一緒にモニターを見ながら検査をする事もできます。麻酔を行った場合は、ウトウトしている間に検査しますので、検査している事は覚えていません。
検査の時間は5~10分程度です。

検査の後

のどの麻酔は検査後30分前後効いていますので、うがいや飲水はやめましょう。その後からは、水も飲んでいただけますし、食事もしていただけます。
眠くなる薬を点滴した患者さんは、麻酔から覚めるまで約1時間はリカバリールームでお休みいただきます。車やバイク、自転車でのご帰宅は大変危険ですので控えてください。

検査結果の説明

診察室で胃カメラで撮影した写真を見ながら、丁寧に説明をいたします。病変によっては、治療が必要になる事がありますので、治療の内容や計画についてお話しいたします。また、次回の内視鏡の必要性や時期についてもご説明いたします。

費用について

  1割負担 3割負担
初再診料(前処置薬剤等含む) 約700円 約2,000円
胃内視鏡検査のみ 約2,000円 約6,000円
胃内視鏡検査+ピロリ菌検査 約2,500円 約7,500円
胃内視鏡検査+病理検査 約3,000〜4,000円 約10,000円

福岡市が実施するがん検診

当院では、福岡市が推進している検診も受けていただけます。
症状のある方はもちろん、症状がない方でも年に一度の定期的な検診をおすすめいたします。

Q&A

胃カメラは苦しくないですか?
当院では、専用の内視鏡を鼻から挿入して検査を行うこともできます。鼻からの場合、嘔吐感(オエッ)が少なく楽です。
口からの場合では、下の付け根に触れると嘔吐感が起きます。一方で鼻からの場合は、スコープが下の付け根に触れず、嘔吐感が起きにくいです。また、鼻からの場合(経鼻内視鏡)でも痛みがでる患者さんや、鼻の形や穴の大きさで経鼻が出来ない場合は、眠くなるお薬を使用し、眠っている間に検査を行うことも可能です。