新型コロナウイルス対策
井上さとし内科では新型コロナウイルスの感染防止対策として患者さんが安心して来院できるよう、様々な工夫と対策をしています。
政府や関連学会のガイドラインに基づいた感染症への対応のみでなく、当院独自の取り組みと院内環境整備を行っています。

新型コロナウイルス感染症に伴う対策と皆さんへのお願い

マスクの着用
マスクの着用
ウイルスの飛沫感染防止のため、来院される際は必ずマスクの着用をお願いいたします。
手指の消毒
手指の消毒
院内には患者さんが使用可能なアルコール消毒薬を設置しています。手指消毒にご協力ください。
来院時の検温
来院時の検温
体調確認のため、受付前に検温をさせていただいております。
ソーシャルディスタンスの確保
ソーシャルディスタンスの確保
待合室では距離を十分におとりいただきますようお願いします。待合室での混雑状況により、車の中でお待ちいただく場合がございます。

当院での予防対策

スタッフの感染予防対策

・全スタッフは出勤前後の検温を行い、健康状態を確認しています。
・サージカルマスクの着用や手指衛生を徹底し、必要に応じて手袋やフェイスシールド、使い捨てエプロンなどの防護服を着用しています。
・院内でのいわゆる3密(密閉、密集、密接)をできるだけ回避できるよう、駐車場での車内待ち対応(診察が近づいたらお呼びします)、待合室内のレイアウトなどの工夫を行っています。

換気、空気の清浄対策

当院は新型コロナ感染拡大後に院内設計の変更を行いました。このため、空気の循環経路を考慮した効果的な換気システム(換気扇の数や位置、十分な数の換気窓を適切な場所に配置)を実現し、まるで森林の中にいるかのような換気が可能となっています。この換気状態の良さを利用し、一定時間ごとに院内の空気が入れ替わる程の換気を行います。さらに、待合室、診察室、内視鏡室、処置室には高性能の空気清浄機を設置することによりウイルス、細菌、ハウスダストや花粉などの微細な物質を除去し院内感染防止対策を行っています。

消毒による院内環境の管理

医療機器はもちろんのこと、テーブル、椅子、扉、ドアノブやトイレなど患者さんが出入りしたり接触する機会が高い接触面や物品などは随時、アルコール消毒しております。

隔離室による院内感染防止対策

当院では新型コロナウイルス感染が強く疑われる患者さんの診察は行っておりません。しかし、通常の風邪やインフルエンザをはじめ他の疾患でも発熱や倦怠感を伴う病気があります。発熱がある全ての患者さんをお断りしていたのでは、地域のかかりつけ医としての使命が果たせません。発熱していない患者さんと全く導線を別にして、違う入り口から直接発熱者を見るための部屋へ入れるようにしています。発熱患者さんに対しては、スタッフが防護服を着用して診察し、他の患者さんとの接触を完全に無くす事で、院内感染を回避し、他の患者さんも安心して来院できる対策を行っています。

以下の症状がある方について

以下の症状がある場合は、前もって連絡をいただき、受診をお願いします。
・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
・重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
新型コロナウイルス感染症に関する一般的なお問い合わせ(福岡市)
TEL:092-711-4126(24時間対応)